食育の資格を独学で学ぶときの方法

食育の資格を独学で学ぶときの方法

食育の資格には、試験を受験しないといけないものもあれば、講座を利用しないといけないものもあります。試験のみのものであれば、自分で勉強ができます。テキストなどを自分で選んで購入して勉強することが可能です。

誰でも受験できるものなら可能になる

資格の取得をするとき、どうすれば取得できるかを調べる必要があります。試験を受けるだけでよいものもあれば、何らかの講習を受けないといけないもの、講習を受けると受ける権利が得らえるものなどがあります。食育の場合はどうかですが、誰でも受験が可能なものであれば独学でも取得することができます。ですから利用してみると良いでしょう。実施自体はいくつかあり、その中には講習を受けないと取得できないものもあります。この場合はおのずとできません。他の勉強方法では足りない内容もあるため、必ず講習などを受講しないといけません。

対策のテキストなどが用意されているもの

資格を取得するとき、独学で行うなら自分で勉強をして試験を受けないといけません。そしてその試験に合格する必要があります。試験の内容などはそれぞれの試験毎に発表されます。では実際にどうやって勉強するかです。食育の場合であれば、対策のためのテキストが用意されているかになります。比較的メジャーな場合には、書店などにも並んでいます。それらを利用すると取得できるようです。一方、マイナーなものだと、通信教育講座のみもあります。通信教育だとどうしてもお金がかかります。自分で基本から学ぶのは大変なので、テキストが用意されているものを勉強するのが良いでしょう。

参考図書を調べてその内容の勉強をする

食育のことを学ぶとき、食事のこと、栄養学のこと、食文化のこと、その他マナーなども学ぶ必要があります。非常に幅が広く、すべてを網羅するのは大変です。資格の場合であれば、ポイントを押さえた教材などが用意されています。ただ通信教育となると料金がかかります。独学で学ぶなら、参考図書の情報を得て、その本から学ぶようにします。栄養学の部分ならこの本、食文化ならこの本が良いなどの情報があります。あまり深くなり過ぎず、ポイントも抑えられているものが良いでしょう。実際に自分で学んだ人の情報が得られる場合もあり、勉強方法も参考にするとよいでしょう。

まとめ

食育の資格を独学で取るにはどうすればよいかですが、書店で対策本を購入するのが良いでしょう。メジャータイプであれば、取得のための本が用意されています。それ以外では、勉強のための参考になる参考図書などで学ぶようにします。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる