保育士は食育の資格を取得して活躍できる

保育士は食育の資格を取得して活躍できる

保育士は、子供と接する時間が長く、食事を一緒に取ることも多いです。食育の資格を持っていると、子供に食の大切さを教えられるメリットがあります。イラストなどを使えば、食べるだけでなく見ることでも子供に伝えることができます。

食べることの楽しさを伝える役割

保育園と幼稚園の違いとして、子供を預かる時間があるでしょう。幼稚園は午前中などが基本で、必ず昼食を取るわけではありません。保育園は、朝から夕方まで預かるケースが多く、昼食の他おやつの提供をすることもあります。滞在中に食べる活動をする機会が多くなります。園児の指導や管理をするのは保育士で、食事の用意をするのは専門の調理員などが多いです。この時、保育士が食育の資格を持っていれば、食事の役割などを伝えることが可能になります。大事なこととして、食べることが楽しいことであることを伝えることが挙げられます。遊ぶのと同様楽しいと感じられる指導が必要になります。

毎日同じではなく四季折々の食事

記事のイメージ画像

コンビニに行けば食事を買えます。おにぎりやお弁当などたくさん売られています。ただ、中身はあまり変化がありません。空腹を満たしたり栄養を得るには十分でも、季節を感じたりすることはあまりないかもしれません。保育士が食育の資格を得るメリットとして、毎日変化を持たせた食事の提供のアドバイスができることです。子供が好きな食事は、カレーやハンバーグなどです。毎日出していれば喜んではくれるでしょう。調理をする人に依頼することで、同じものではなく、季節に合ったものを出してもらえます。秋ならサンマや栗などを使ったものなどがあります。

イラストなどに描いてイメージしやすくする

保育園では、言葉を覚えるためのいろいろな時間が設けられています。保育士の先生が工夫をしながら、歌であったり、絵などをみながら言葉を覚えていきます。楽しければどんどん覚えてくれるでしょう。食育の資格を持っている先生であれば、食事をイラストで教えることができます。料理のイラストや、料理に入っている食材のイラスト、食材の栄養分のイラストなどを利用できます。子供には言葉では伝わりにくいこともありますが、イラストを組み合わせると理解してもらいやすくなります。食べ物に触れる機会を増やすことで、興味を持ちやすくできます。

まとめ

保育士が仕事をするときに、持っておくと良い資格に食育関係があります。保育園では食事をする機会が多くなります。実際に食べるときに伝えることができます。調理担当者に、料理が同じにならないよう伝えることもあるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる