子どもの将来を考え、食育に力を入れよう

子どもの将来を考え、食育に力を入れよう

近年、子どもの食育を学ぶ方が増えてきており、通信講座やセミナーを行う企業や団体が以前よりも多くなりました。健全な食生活を送ることはとても大切で、大人が食事に関する知識をしっかり付け、実行していくことで、子どもの将来の健康や成長を支えることが出来ます。

子どもの食育の概要と成長の関連性

子どもの食育とは、健全な食生活を送るための情報を幼少期から学ばせることで、健康な身体を作っていく上で大切な教育です。近年はファストフード普及によって栄養の偏った食事をされている方が増えており、食育が注目されるようになってきました。大人であっても、食事に関する知識が少ない方が多く、子どもの食事に関する教育にも影響を及ぼすケースがあるので問題視されています。小さな頃から、しっかり食事に関する知識を付けさせることはとても大切なことです。成長や将来の健康にも影響しますし、偏食を覚えさせないためにも早い段階で教育しておくことがベストだと言えます。

自宅で行える主な教育方法について

食育を行う上で大切なのは強制的な教育ではなく、楽しく一緒に学ばせることです。基本的に自宅で行いますが、外食などで食事のバランスについて指導することも時には必要です。自宅で指導する場合、まずは食物を育てる過程から学ばせる方がいいでしょう。お勧めなのは農園に連れて行ったり、家庭菜園で野菜を育てて収穫することです。生命の大切さや仕組みまで学ばせることが出来ます。その他にも、一緒に夕飯の食材を買いに連れて行き、どれが身体に良い食べ物なのか指導したり、一緒に料理をして調味料の効果などを教えたりするのがいいでしょう。このような簡単な内容のことでも、子どもにとっては十分な食育になります。

自身が知識を付けるための方法について

自分自身に全く食事に関する知識がなければ、子どもの食育を行うことは出来ません。まずは自身の食生活を見直したり、栄養や健康に関する知識を付ける必要があります。最近は通信講座を利用し、食育に関する知識を付けられる方が増えてきています。資格も存在し、一生懸命勉強して取得される方もいます。食育アドバイザーやメニュープランナーなど、多くの種類の資格があり、中には仕事として活かせるものまであります。元々食事に関する知識が豊富な方はそのまま子どもに指導すれば問題ありませんが、あまり知識が無い方は通信講座やセミナーなどで知識を付けるようにしましょう。

まとめ

偏食が当たり前の現代だからこそ、幼少期から食物や食事の知識をしっかり付けさせることはとても大切です。子どもの将来のためにも、まずは自身がセミナーや通信講座などで食育を学び、子どもに指導出来るようになりましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる