スポーツ選手に使える食育関係の資格

スポーツ選手に使える食育関係の資格

記事のイメージ画像

スポーツで実力を発揮できるのは、練習や生まれ持ったものだけではありません。試合当日でうまくパフォーマンスができるかどうかです。食育の資格を持った人が栄養に対するアドバイスを行うことで、パフォーマンスアップが図られています。

スポーツ選手の試合のための食事指導

ある体操選手はチョコレートが好きなことで知られています。チョコレート自体は決して悪い食べ物ではありませんが、砂糖などが含まれているので必ずしも良いとも言い切れません。特にトップアスリートが好きだからと安易に食べるのは問題があるでしょう。スポーツ選手に対する食育の資格があり、選手の試合のための食事指導等に役立てることができるとされています。オリンッピクなどに出場する選手は、まずはセンスであったり、努力などが必要です。ただそれだけでは試合で良い結果が出せません。食事のとり方でもう一つ上のランクを目指せるよう指導することができます。

体と栄養に関する知識を得て選手に伝える

三大栄養素として知られるのが、たんぱく質、脂質、炭水化物です。たんぱく質は筋肉や血液、その他体のあらゆる部分を作る材料になります。炭水化物はエネルギーになります。脂質もエネルギーです。どれも体のためには必要ですが、運動をする人には特に必要になってきます。食育をスポーツに生かす資格によって、体と栄養に関する知識を伝えることができます。トレーニングではたんぱく質が必要ですし、これから活動するにはエネルギーが必要です。どんな栄養素がいつ必要になるかを伝えることで、選手のパフォーマンス向上を助けてくれます。

選手に帯同して栄養に関するアドバイスをする

スポーツ選手が試合をするとき、まずは選手本人が移動します。そして監督やコーチなど、ぎじゅ的な面でサポートをする人が一緒に帯同します。コンディションをよくするためにトレーナーが帯同することも良く知られています。さらに、食育の資格を持った人が帯同して、栄養のコントロールを行う場合があります。試合は国内だけでなく海外でも行われます。海外では食の環境が変わることもあり、体調を崩す選手もいます。それぞれの試合で実力が発揮できるよう、適切な栄養指導や、メニュー作りなどを行います。口に入れるものすべての管理を任されます。

まとめ

スポーツ選手が良いパフォーマンスができるのは、日頃の練習であったり、センスなどがあります。さらには、パフォーマンスをするための栄養の取り方が重要です。食育の資格を持った人からアドバイスを受けて行うケースも増えています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる