食育推進基本計画とは必要な食を認識

食育推進基本計画とは必要な食を認識

記事のイメージ画像

世の中に食べ物があふれ、日本は世界の中でも長寿国といわれています。しかし、健康寿命では決して長寿とは言えない部分もあります。食育推進基本計画では、若い人や高齢者に正しい食を司式してもらうための活動が行われています。

若い人たちに食育を推進する計画

手軽に食事をすることができるお店として、ファストフード店があります。その他コンビニでもいろいろなものを購入して食べることができます。若い人たちが良く利用するお店になりますが、どうしても若い人はファストフード店の利用に偏りがちになります。食育推進基本計画とは若い世代に対して食育を推進する活動と言えます。若い人たちは、自分たちのことだけでなく、これから親となって子育てをするときに必要な食の知識を持っておく必要があります。食に対する知識や意識を高めるための努力をしていかなければいけません。又支援する活動などが行われています。

多様な生活形態に対応した食を推進

食事をする場としては、最も多いのは自宅になるでしょう。では誰が食事を作って誰が食べるかです。通常はお母さんが作って、それを夫婦や子供が食べることが多いです。しかし、今は生活形態が多様化してきています。共働きの親がいたり、高齢者の家庭などがあります。一般的な家庭以外が多くなっています。食育推進基本計画とは多様な生活形態に対応した正しい食の推進があります。一般的な家庭以外に、貧困家庭による食の問題などがあります。十分な栄養が取れていない場合もあります。現状を理解して食の改善に努める必要があるでしょう。健康な食のために何ができるかを考えていきます。

健康寿命を意識した食育が推進される

日本人の平均寿命は80歳を超えています。世界の中でも長寿国として知られています。しかし、ある年齢を見ると決して長寿とは言えないとも言われています。それは健康寿命です。健康に生活できる状態は、病気などをせず、介護などにも頼らなあい生活ができることを意味します。高齢になると病気で寝たきり、介護を受ける人が多くなっています。食育推進基本計画とは、健康寿命を意識した食事の推進があります。病気になる人としては、生活習慣病が多く、その改善や予防のための食事が必要になります。高齢者にとって必要な食事など健康に生きていくために必要な食事ができるよう取り組みます。

まとめ

食は、生活に非常に大きくかかわっています。でも、手軽に食べられる環境があったり、家庭によって食の事情が異なっているケースなどがあります。食育推進基本計画によって正しい食生活ができるよう取り組みが進められています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる