ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ

ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ

人が生きていくには、食事をしていかなくてはいけません。食べたものが、その人を形作っていきといっても過言ではありません。また、片寄った食生活によって、生活習慣病になってしまう可能性もあり、食育は大切な知識です。

まずは、自分達の食生活を見直していく

子供頃はまだしも、成長して社会にでるようになると、料理が好きでないと出来合いの食事や好きなものばかりの献立となり、バランス良い食生活から、かけ離れてしまいます。そこで、全食品のリストを書かれたポスターなどを使用して、各製品からバランスよく摂取できるように心がけるようにすることが大切になってきます。料理が苦手な人や時間がない人は、各製品を選んで食卓に並べる癖をつけるようにします。始めは、慣れずに片寄りから離れられないかもしれませんが、毎日心がけていけば、ポスターの内容も暗記して、ポスターがなくてもバランスの良い食生活を送ることができます。

一緒に食生活を見直していくこと

現在の日本では、日本食だけではなく、世界中の食材と料理を手軽に楽しむことができます。その手軽さが、バランス失わせているともいい、かつての日本食が見直されつつもあります。特に、食育健康アドバイザーは、こういった人達に、アドバイスをすることができる資格です。一緒に食生活を見直していくお手伝いをして、将来生活習慣病に苦しむ人を減らすことに協力していくことができます。これらの活動は、自宅などで開業しても、講師としてスクールで働くことで、実現することができます。自宅では、数人単位であれば、スクールでは数十人単位に教えることになります。

嫌いな食品を同じ栄養の含まれた食品へと置き換える

また、健康栄養インストラクターは、栄養のエキスパートです。食品には、様々な栄養が含まれており、どれとどれを一緒に食べるとよく体に吸収されやすくなるなどがあります。また、好き嫌いがある人は、無理にその食品を食べるようなことはせず、同じ栄養が取れる食品への提案をしていきます。確かに、好き嫌いなく食べるのが一番ですが、食べることへ楽しみが減ってしまうと、継続していくことができなくなってしまいます。それでは、正しい知識を得たとしても、それらを実行していく機会がなくなってしまい、意味がなくなってしまうからです。

まとめ

この食育講座では、この二つの資格を取得することができます。学習期間は、2ヶ月~6ヶ月であり、ペース配分個人で選択していくことができます。また、卒業課題を提出することで、資格試験が免除となるコースも用意されています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる