食育での大切なことは栄養や日本食文化

食育での大切なことは栄養や日本食文化

食べることによって栄養が取れますが、選べば取れなくなる可能性があります。また、最近は外国の食文化が入ってきて日本食が敬遠されがちです。食育で大切なこととして栄養の面や日本食文化を認識することが挙げられます。

食べることの大切さを知っておくこと

食べ物にはいろいろあり、それぞれに栄養があります。バランスよく食べるには、好き嫌いなく食べる必要があります。しかし、好き嫌いを持ってしまうことはありますし、食べたくてもダイエットなどで食べない人もいます。食育において大切なこととして、食べることの大切さを知ることがあります。今は何でも食べられる時代で、自分で選択ができます。好きなものを食べて、食べたいときに食べるなどができます。食べることが負担になると、どうしても選ぶようになってしまいます。食べることの大切さを知ると、必要なものを食べられるようになります。これにより、バランスよく栄養を取ることができます。

日本食の良さや食文化を知っておく

日本で食事をするとき、お箸を使うことが多いです。韓国や中国、その他のアジアの国でもお箸は見られます。ただ、食べ方や使い方は微妙に異なります。食育で大切なこととして、日本食の文化を知っておくことが挙げられます。すべての食事に箸を使う必要はありません。必要に応じてスプーンやフォークなどを用いてもいいでしょう。でも、伝統的な日本食までフォークなどを使うのは少し問題がありそうです。お箸で食べるからこそおいしい食事もあります。このためには、日本食の良さも知っておく必要があるでしょう。郷土料理などに触れることで、日本料理の良さも知ることができます。

食品表示や食中毒の知識を身に着ける

野菜等は加工されていませんから特に成分などが細かく表示されることはありません。でも、調理されているものや加工されているものにはいろいろな食品、調味料などが入っています。食育で大切なことととして、食品表示の見方を知っておくことが挙げられます。食べたいものを購入するのは良いことですが、それが自分の求めているものかどうかを知る必要があります。最近は、産地やカロリー、アレルギー情報などがあります。また、食中毒に関する知識も必要です。賞味期限や消費期限の言葉の違いであったり、調理の仕方、家庭での保存の方法なども知っておく必要があります。安全に食事ができるようになります。

まとめ

好きなものを食べるときは楽しく、嫌いなものを食べるときは楽しくないでは、栄養バランスを守ることはできません。食育の大切なこととして、食べることの大切さを知ることがあります。選ぶことなく、必要な栄養が取れます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる