食育の豆知識として食べ物の旬の違い

食育の豆知識として食べ物の旬の違い

今は、ハウス栽培などがあるために旬がわかりにくくなっています。食育の豆知識として、旬を理解した食べ方があります。その季節にしか出回らないものは、それなりに他の一般のものと違うことがあり、食べ方も変えることができます。

一般的なキャベツと春キャベツの違い

春になると、植物もたくさん育つようになります。冬に比べると野菜なども出回る種類が増えます。今はハウス栽培や海外からの輸入などで1年を通して出回るものもありますが、その時期にしか出回らないものもあります。食育の豆知識として持っておきたいのが、一般的なキャベツと春キャベツの違いです。キャベツと言いながら、見た目はかなり異なります。色は春キャベツの方がこく、しなびれたようにも見えます。そもそもの種類が異なるとされ、用途もかなり異なります。一般のキャベツは、大きく切るなら加熱すると良いでしょう。千切りなら生でも食べられます。春キャベツは柔らかいので、大きく切っても生で食べられます。

一般的なじゃがいもと新じゃがの違い

じゃがいもといえば、男爵とメークインがあります。細かく言えば、料理によってそれぞれを使い分けると良いとされます。それ以外に食育の豆知識として知っておきたいのが新じゃがの存在です。一般的なじゃがいもは、収穫されて、貯蔵を経て少しずつ市場に出回ります。新じゃがは収穫されたものが種具に出荷されます。冬から春にかけては九州などで取れた新じゃがが出回り、春以降は北海道などの新じゃがが出回ります。新じゃがは、細胞が離れにくい性質なので、粉ふきイモなどには向きません。一方、皮付きのままフライにしたり、じゃがバターなどに最適です。

牡蠣は食べるのにいい時期と良くない時期がある

記事のイメージ画像

冬に旬を迎えるのが貝の牡蠣です。スーパーなどでは生食用、加熱用があります。生食用は沖合で養殖されるため、菌は少ないものの小ぶりです。加熱用は近海の栄養分の多いところで養殖されますが、その分菌が付きやすいです。食育における豆知識として、牡蠣に適している時期と適さない時期を知っておきましょう。旬が冬といわれるので、冬は最適とされます。しかし、春から夏にかけては避けるとされます。この時期は産卵時期とされ、鮮度も落ちるためにそう言われます。ただ、岩牡蠣は養殖物とは少し異なります。夏でもおいしく食べることができます。

まとめ

食べ物には時期によって出回るものがあります。食育の豆知識として、違いを知っているとより食事を楽しめます。生でしっかりキャベツを食べたいなら通常のキャベツより春キャベツを選ぶが良いでしょう。新じゃがと通常のジャガイモの違いもあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる