食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる

食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる

学校であったり、幼稚園や保育園では食事が出されます。これまではただ出されるだけでした。食育の資格を持った人がいれば、子供に食のことを伝えられるようになります。栄養教諭や保育士などが取得すると、仕事の幅を広げられます。

栄養教諭として学校などで指導を行う

学校にはいろいろな教諭がいます。最も多いのは一般的な教諭で、授業を行ったり担任などをしています。それ以外には、保健室などで生徒の健康の様子を見る教諭などがいます。小学校であれば、英語の教諭などが少しずつ増えています。新たに始まった制度として栄養教諭制度があります。食育の資格を取得した時の仕事には、栄養教諭として勤務をすることが挙げられます。栄養に関する知識と学校で教える知識などが必要なため、栄養士や一定の単位が必要になります。各学校では任意で設置することになっているので、どんどん設置する学校が増える可能性があります。

保育園や幼稚園で食のことを伝える

子供のころの食生活は将来的に影響することが多いです。好き嫌いなども、子供のころにできてしまうことがあり、できれば好き嫌いなく食べられるのが理想です。家庭などでも一定の指導がありますが、すべての家庭が同じ食事をしているわけではありません。食育の資格を持っている人ができる仕事として、保育園や幼稚園で食のことを伝えることがあるでしょう。既にここで働いている幼稚園教諭や保育士、調理に関わっている人などが取得して行うこともあります。子供だけでなく親にも教えることができます。親に教えることができれば、家庭での食事にも影響させることができます。

食材を販売するお店などで生かすことができる

野菜を買うお店は八百屋さんです。スーパーなどだとただ食品が置かれているだけですが、八百屋さんの場合は店主などと旬の野菜の話ができます。主に値段のことになるでしょうが、栄養の話などをしたいこともあるでしょう。食育の資格を得て行う仕事として、食品を販売するお店等で行えます。食品を売る店の店主、店員などが取得をすれば、食品を販売するときに食べ物の話ができます。旬の話だけでなく、栄養の話、食べ方の話など様々です。一般的な食べ方だけでなく、子供にはどんな食べ方がいいのか、高齢者にはどんな食べ方がいいのかなども伝えることができます。スーパーの売り場担当者などが取得することもあるでしょう。

まとめ

食育の資格を取得すると、いろいろな仕事に使え役立てることができます。学校では栄養教諭が任意で設置されることになっていて学校などで指導が行えるようになっています。食材の販売店などでも取得していれば販売時に役立てられます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる