食育には「まごわやさしい」が欠かせない

食育には「まごわやさしい」が欠かせない

食の欧米化が進む肉中心の食生活をしている人が増える一方で日本の伝統食と言われる和食を食べる人は減少してきています。そんな時代だからこそ、食育を意識し始める人も多いのではないでしょうか。食育を考えるなら和食に欠かせない「まごわやさしい」を思い出す事が大切ですよ。

豆類とゴマ類に含まれる栄養とその効果

まず、「まごわやさしい」の「ま」ですが、これは味噌や納豆、豆腐、小豆などの豆類の事です。畑の肉と呼ばれる程栄養価の高い大豆には良質な蛋白質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれている上、消化にも優しいので体が弱っている時にも積極的に取りたい食材です。次に「ご」ですが、これはごまの頭文字をとったものでごま以外にもアーモンドやピーナッツ、クルミなどが当てはまります。主に蛋白質や脂質、ミネラル、食物繊維などの栄養が含まれ、そのまま食べるだけでなく、刻んだりすりつぶして料理に使うなどバリエーション豊かに食を楽しめます。

「わ」と「や」には体の調子を整える成分が一杯

次に「わ」ですが、これはのりやひじき、わかめなどの海藻類の事で「わ」はわかめの頭文字です。海藻類にはカルシウムやカリウムなどのミネラルが豊富で、またのりには蛋白質も比較的多く含まれています。味噌汁やだし汁として使うイメージが強いですが、海藻類は酢や油と一緒にとると栄養素が効率よく体内で吸収されていきますよ。「や」は野菜の事でほうれん草や人参、トマトなどの緑黄色野菜やキャベツなどの淡色野菜など全てを指しています。野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維など体の調子を整える成分が豊富に含まれているので健康維持にはもちろん、美肌やダイエットにも効果がありますのでぜひ日頃から意識してとりたい食材です。

病気予防や便秘解消にも効果がある食材

「さ」は鯖や鮭などの魚類の事で魚には血液をサラサラにする働きや血中コレステロールを下げる効果などが期待されています。「し」は椎茸の頭文字で茸類を指します。しめじやエリンギ、舞茸などの茸類には骨を丈夫にするカルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれている他、食物繊維も豊富に含まれているので腸内環境を整えて便秘解消に効果が期待出来ます。最後に「い」ですが、これはジャガイモやサツマイモ、里芋などの芋類の事です。芋類に含まれているビタミンCは加熱しても失われにくい性質があり、また炭水化物も含まれているので体を動かすエネルギー源として使われていきます。

まとめ

この様に「まごわやさしい」という文字には、私たちが毎日を健康に過ごすには何を食べるべきかという事をその食材の頭文字を使って覚えやすく表したものです。健康の事を考えて食育をするのであれば、ぜひこの「まごわやさしい」を意識してみて下さい。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる