食育について行われる活動内容は

食育について行われる活動内容は

ひと昔前では家庭で、食べることのしつけをされたものですが今の時代は孤食する子供が多く、あえて食育として家庭だけでなく学校や幼稚園などで教える必要性が高まりました。その活動内容とはどのようなものか考えてみましょう。

昔の子供たちと今の子供たちの事情

記事のイメージ画像

30歳代くらいまでの方であれば、お箸の持ち方、姿勢、御飯の時にはテレビを点けないといった食卓での作法をきちんとしつけられた方も多いのではないでしょうか。自宅だけでなく外食をした場合も自分が注文したものは綺麗に残さず食べるという作ってくれた方や野菜や肉、魚などの命を頂いた感謝の気持ちというのも教えられたことでしょう。しかしながら、近年では家族揃って御飯を食べるという時間が少ない家庭が多いでしょう。そうなると必然的に子供は孤食になり、好きなものしか食べないので栄養が偏るといった生活になります。栄養が偏ると健康面、精神面にも影響を及ぼします。

家庭で行うことの重要性を考える

御飯を食べるという行動は空腹を満たすということだけではなりません。体の健康や成長の促進、そして精神面やコミュニケーション能力まで幅広い分野で役立っています。しっかり噛みなさい、何でも残さず食べなさい、いただきます、ごちそうさまを言いなさいなどしつけられて育った子は会話力、表現力、発想力に優れるそうです。しかし孤食で育った子は添加物の多いジャンクフードや食べたり食べなかったりと乱れた生活になりがちですので、すぐに興奮したり脳の発達にまで影響を及ぼす可能性が高いようです。勉強だけでなく、きちんと精神面も育てるのが家庭でやらなければならない食育の活動内容になるでしょう。

企業や学校が子供たちに行っていること

学校や幼稚園では給食があります。給食は一食に必要な栄養素を考えられて作られています。食中毒を出さないようにしっかり熱を通したり塩ですら使う前に炒ったりと調理されている方々も手間と時間をかけられているようです。子供たちはその過程を理解し感謝の気持ちに気づく必要があります。企業で行われている活動内容といえば親子でクッキングをしたり、食に関する豆知識を学べるイベントを行ったりされています。楽しく学ぶことで子供たちへ食への関心を持たせるといった目的がどの企業でもあるようです。ある地域では子供会でバーベキューを行っているところもあるそうです。

まとめ

食育というのは家庭で行うことが重要ですが、今の時代は色んな事情があり子供の孤食が多く見られるようです。ですので、世の中の大人たちが子供たちに食べるということに興味を持たせバランスの良い食事をさせる必要性があるのでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる