時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて

時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて

時代の変化に伴い、高度な技術が発展し私たちの生活はより便利に発展しています。その中で現在、食生活の見直しが重要とされています。食生活が欧米化し私たちが食べるものは大きく変化しました。野菜不足、高カロリー、塩分過多など様々な問題があります。食育の見直しが最重要視されています。

時代の変化と傾向、家庭の在り方

グローバル化が進み、働き方の多様化、女性の社会進出と現代はめまぐるしい発展を遂げています。パソコンや携帯等、電子機器を例に挙げてもわかるように十数年前は存在していなかったものが、今では世界を動かす中心となり日々新しいものを生み出しています。社会の変化は個人の変化にも繋がります。働き方が多様化し、女性が働くこと、子供が生まれてからも働くことを継続する女性は珍しくあらず、社会は推進しています。これまで男性は外で働き、女性は家の中を守るという観念は変化し新しい家庭の在り方が生まれました。食生活にも影響が考えられます。

現代の人々の食生活の実態について

現代の社会人は朝食をとる人が少なく、時間に追われ片手で食べることが出来る簡単なもので済ませてしまう人が多いです。家族揃って食卓で朝食を摂ることは、一人一人の生活時間が異なり難しく、当たり前ではなくなりました。両親とも働きのため食事を作る時間があらず、出来合いの物や、冷凍食品を使用する家庭が多くなっています。これは大人だけでなく子供に大きな影響を与えます。食事の仕方、食べ方を見直す必要があります。現代はファーストフード等の充実もあり、一人で食事をすることが1日3食のうち増えています。人と一緒に食事をすることでマナーが身に付き食べ方を覚え、コミュニケーションが広がります。

食育の重要性と子供に与える影響

家族揃って食事をすることは大事な食育です。各生活リズムに合わせ自由に行動し、個人で食事を食べる個食が主流となりつつある現在、子供の小食も問題になっています。一人でとる食事に関心が持てず、食べることに興味を示さない、小食な子供が増えています。他にも一人で食事をする孤食、好きなものだけ選り好んで食べる固食、パンや小麦製品ばかりを食べる粉食、味付けの濃いものを好む濃食など一つでも当てはまる人が多いと思います。食べることは生きる基本です。大人自身が自分の食生活、食べ方を見直し、子供に正しい食生活を教えることが最も重要なことになってきています。

まとめ

食事はただ食べれば良いというものではありません。食べることは生きる基本であり、食べること、また食べる環境から人は成長していきます。十分に栄養のある物を毎日食べ、落ち着いて食材の味や一緒に食べる人の会話を楽しみながら食事をすることで体だけでなく心も満たされます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる