子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの

子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの

食事は栄養を得るために必要です。好き嫌いがあってもそれほど問題ではありません。でも食べ物のありがたさなどを感じなくなります。子育てに良い資格に食育があり食事の大切さを知らせるのに良いとされています。食事をもっと大事にしてくれます。

機械的に食べるのではなく触れて食べる

子供が赤ちゃんの時は、自分では何もできません。お母さんなりが母乳を与えないといけません。一応赤ちゃんはおなかがすくと泣いて呼びますが、赤ちゃんができるのはそれだけです。少しずつ大きくなると、徐々に自分で食事を食べられるようになります。この時もお母さんなりが作ったものを食べるだけです。これだと、出されたものをただ食べるだけで成長しています。子育てにおいては、食育の資格があると良いとされます。食べ物に触れて育てることができるからです。最もいいのは、子供に食べ物を見せることでしょう。買い物や料理を通じて、食べ物に触れることができます。

食べ物がどうやって作られているか

野菜は、地面などで栽培されて作られます。今は自然に植わっているものを採取することは少ないです。肉類も、家畜を育ててそれが市場で売り出されます。魚の場合は、自然に泳いでいるものを捕獲することもあれば、養殖などで育ててそれが売り出されることもあります。子育てで持っていると良い資格に食育関係があります。これによって、どうやって作られているかを知らせると良いかもしれません。野菜にしても肉にしても、スーパーに山積みされている状態しか知らない場合があります。沢山あるから捨てても問題ないと考える子もいます。生産者が作っていることを知れば、大事に食べるようになるでしょう。

食べものには旬があることを知らせる

肉の場合は、家畜を育てるのであまり旬などはありません。ただ、野菜や魚となるとかなり旬が影響します。季節によって育ちにくい、育ちやすいがあります。魚も産卵時期や海流の流れで取れる時期が異なります。漁の時期が決められているものもあります。子育てででは食育の資格が有効になりますが、旬があることを教えることが大事です。コンビニに行くと、おにぎり、お弁当、お総菜などが1年を通じて売られています。ですから旬を感じることはありません。スーパーなら少しは旬がわかります。旬によって味や栄養が異なることがわかれば、より食べ物を大事に考えられるようになるでしょう。

まとめ

食事は生きていくために大事ですが、機械的に食べているとありがたみなどが感じられません。子育ての時に食育の資格を利用すれば、食事や食べ物の大切さがわかります。粗末にすることなく、ありがたみを持って食事を食べるようになります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる