食育の資格が生かせる転職先を知っておく

食育の資格が生かせる転職先を知っておく

転職をするとき、資格を持っていればより採用されやすくなる場合があります。食育の知識を持っていれば、食事に関係のある職場での評価が上がります。保育園であったり、福祉施設などで生かせる可能性が高まります。

保育士として働くときにプラスになる

保育士が仕事をする場所としては、保育園であったり、子供を預かるサービスを行うところになります。長く預かることが多くなるので、食事を出すこともあります。この時に子どもに対して適切な食事を提供しないといけません。食育の資格を生かせる転職としては、保育士として働く場合があります。こちらで働くときは、基本的には保育士であればなれます。でも、プラスアルファーになる知識を証明できれば、採用してもらいやすくなります。場合によっては、手当をプラスしてもらえる場合もあります。通常業務以外に、食事に関する業務なども行うことができます。

食品加工業者の営業担当者として仕事をする

記事のイメージ画像

食品には、生鮮食品の他、加工食品などがあります。生産者や加工業者が消費者に直接販売することは少なく、小売店であったり、飲食店を通じて消費者に提供されます。食品加工業者なら、営業担当者が小売業者に営業を行います。食育の資格を生かせる転職は、食品加工業者としてがあります。営業先に自社商品を提案するとき、栄養面などを伝えれば採用してもらえる可能性も高くなります。何も意識がないよりも多くの提案が可能になるので、採用してもらいやすくなります。小売店で何を求めているかなどの情報の分析なども行えるので、重宝される可能性があります。

給食を提供する学校や福祉施設の仕事

学校であったり福祉施設においては、施設を利用する人に食事の提供を行います。これらの施設で働くにあたっては、特に何かがいるわけではありません。献立などは別途管理栄養士などが立てますから、それらの献立に従って作るだけです。ただし、ただ作るよりも、一定の食の知識が求められることもあります。食育の資格を持って転職をするとき、学校や福祉施設の給食係なら採用されやすくなるかもしれません。一定の知識があるので、提案なども行えるでしょう。福祉施設などなら盛り付けをすることがありますが、その時にもより効果のある盛り付けの提案などを期待されるかもしれません。

まとめ

食育の資格を持っていると転職に役立てられるかもしれません。保育士として仕事をするとき、この知識があれば採用されやすくなる可能性があります。給食を提供する施設であったり、加工食品を製造するメーカーなどでも重宝されます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる