食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ

食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ

食育は、子供への教育の一つとして広まっています。資格が使える場としては、給食の提供があるところがあります。学校や保育園などが該当します。病院などでも食事の提供があるため、必要性が高まっています。飲食店で情報が提供されることもあります。

学校や保育施設などで情報の提供

小学校や保育施設などでは、昼食に給食制度を取っているところが多いです。施設側が用意する食事を利用者に提供します。昼を挟んで午後も授業などがあるため行っていることなのでしょう。最も大事なのは食事の提供で、さらに栄養の問題などがありました。ただ、食事の大切さを教える場としてはあまり使われてこなかったかもしれません。食育の資格を使える場として、学校であったり保育施設などがあります。子供が通っている学校などに情報を提供することができれば、食事の大切さを教えられます。先生や給食を作る担当者が取得していれば、より伝えやすくなるでしょう。

医療や福祉のサービス提供時に行う

病院で入院をすると、1日の生活は病院で行います。朝から晩まで病院内で、散歩で出る以外はずっと病院のこともあります。栄養の管理も治療の一つになるので、食事も病院内で提供するものを食べることになります。老人福祉施設でも、完全に施設内で生活している人は病院内で食事をします。食育の資格を使える場には、病院や福祉関係の施設があります。病院では患者ごとに栄養などを考慮した食事が提供されます。福祉施設でも同様です。食事の大切さを伝えることで、生活に楽しみを持ってもらえるようになります。提供されるものにありがたみを感じてもらいやすくなります。

食事を提供するサービスを行う会社

普段の食事の多くは、家庭内で家族が作ってくれるものになるでしょう。ただ、外出しているときには外食をすることもあります。平日の昼間や、休日などはその機会も多くなるでしょう。食事を提供する側は、おいしいものを適正な価格で提供することが求められてきました。食育の資格を使える場として、食事を提供するときに行うことがあります。ある大手チェーンは、定期的にイベントを開催しています。利用者に参加してもらって、食べ物のことを知ってもらう機会を作っています。従業員などが取得していれば、提供時に適切な情報を伝えられます。

まとめ

食育がどんどん広まっていて、資格も増えています。使える場は比較的多くあります。まずは、学校や保育施設などから子供に対してでしょう。それ以外に、病院などの施設であったり、飲食サービスを提供する場でも使うことができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる