食育の資格の難易度は高すぎるわけではない

食育の資格の難易度は高すぎるわけではない

資格の難易度が高いと、これから勉強をしようとするときのネックになってしまうでしょう。食育関連の場合は、在宅試験などもあるので、難しすぎるわけではありません。しっかり理解をして身に着けておけば認定してもらえます。

通信講座でカリキュラムを修了すればよい

食育の知識を認定する資格にはいくつかあります。その中でも、ある有名料理専門学校が関わるものがあります。研修などもその学校で行われたりするので、取得をしようとするときには参加が必要になります。取得するための難易度としては、最も簡単なものはカリキュラムを修了すると認定してもらえます。受講するだけで認定されるのは入門レベルになり、上級レベルになると異なる判定方法になります。研修会に実際に参加して筆記試験を受ける必要があります。筆記試験自体は特別難しいものではないので、研修をしっかり受け、内容を理解していれば取得可能です。

受講後に在宅で試験を受けて認定を受ける

資格の認定をしてもらうとき、試験を受けないといけない場合があります。多くの試験では、別途会場が設けられていて、そちらで筆記試験などを受けます。資料の持ち込みなどはできないので、しっかり覚えたり理解しておく必要があります。食育に関する人気のあるものの場合、講習を受講後に在宅試験を受けることになります。修了した後に申し込むと自宅に試験が送られてきます。それを所定の期間以内に解答し、それを送ります。在宅なので、覚えているかどうかではなく、きちんと理解ができているかが問われます。ですから、難易度自体はそれほど高くないでしょう。

スペシャリストの称号が得られる試験

食育のための資格はいくつかありますが、その中でも最高峰に近いとも言えるのがスペシャリストの称号がもらえるものかもしれません。他の入門編のものを取得した後、本格的にこの職業に就きたいとき取っておくと良いと言われています。取得の方法としては、通信制のプランはありません。通学でしか受講することができません。そして試験を受けることで認定してもらえます。合格率などが発表されていないので明確な難易度はわかりません。受ければ誰でも受かるタイプではないので、それなりに理解や認識をしておく必要があるでしょう。覚えることも必要になります。

まとめ

食育の資格は非常に多くあります。国が行うものや公的機関が行うものなどはありません。民間団体などが実施をしています。認定時の試験の難易度は、講座を修了すれば認定されることが多く、必ずしも難しいものばかりではありません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の内容はどう使うかで異なる
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる