食育の資格の内容はどう使うかで異なる

食育の資格の内容はどう使うかで異なる

食育は多くの人が興味を持つ分野で、資格も増えています。どれを取得するか悩む人もいるでしょう。内容は共通する部分もあればそれぞれ独自の部分もあるので、自分に合ったものを選んで勉強すると良いでしょう。仕事に使えるものもあります。

基礎知識の理解から普及活動ができるレベルまで

食育の重要性が高まっています。これまでは食べることに関して、教育が行われることはあまりありませんでした。食事に栄養のあるなしや習慣、伝統などはあるものの、自由に選択ができました。それでは問題があるとのことで、もっと食について学べる仕組みが必要になりました。ある資格では、初級では基礎的なことを学べる内容になっています。自分自身が理解するのがメインになり、多くの人が取得するのに適したレベルです。さらに、人に対して広く伝え普及活動ができるレベルもあります。理解しているだけではなく、必要に応じた指導などができる知識が求められます。

食を通じたコミュニケーション能力を審査

食育は、食を通じた教育です。よく言われるのは子供たちに対して学校教育の一つとして行われることかもしれません。でも、大人でも食の教育を受けられていない人はいます。必要性からすると、子供から大人までと言えるでしょう。ある資格の内容は、食を通じたコミュニケーション能力を養成するために行われています。まずは食の知識を正しく理解することが求められます。そして、その知識を得たうえで、正しい知識で教育が行える能力が問われます。学校であったり、その他の施設などで、食に関する教育を行うことができるよう、カリキュラムが組まれています。

ビジネスの一つとして使えるレベル

食育は、幼稚園や保育園、小学校など子供に対して行われることが多いです。さらには、病院や福祉施設などでも行われています。それ以外には、一般の飲食店が行っていたり、食品メーカーなどが行うこともあります。食品メーカーなどは、ビジネスとして行うこともあります。ある資格の内容は、ビジネスとして使えるレベルまで学べるようになっています。基礎的な知識を得た上で、食に関するマーケットニーズに合わせた知識を得ていきます。食と健康のつながりなどは多くの人が興味を持つテーマなので、健康分野も含めた知識が得られるようになっています。

まとめ

食育の資格は非常にたくさんあり、それぞれで内容は異なっています。それぞれは相互に異なるので、まずは基礎的なことが学べるようになっています。上級になると、それぞれのテーマに従って、より高度な知識が学べるようになっています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

食育の資格を独学で学ぶときの方法
食育の資格はいろいろな仕事に役立てられる
子育てでもっておくと良い資格に食事を伝えるもの
食育の資格が生かせる転職先を知っておく
食育の資格を使えるのは食事の提供があるところ
食育とはこどもを育てる目的としての意義があります
食育の資格取得のテキストに書かれていること
食育の資格の難易度は高すぎるわけではない
保育士は食育の資格を取得して活躍できる
子どもの将来を考え、食育に力を入れよう
スポーツ選手に使える食育関係の資格
食育の難しさを知って正しい知識を吸収する
食育推進基本計画とは必要な食を認識
ポスターを使用して食育の大切さを学ぶ
食育での大切なことは栄養や日本食文化
食育の豆知識として食べ物の旬の違い
食育は遊び感覚で楽しい勉強ができる
食育政策は農林水産省が力を入れているとは
食育の資格の試験はいろいろなものがある
食育健康アドバイザーとは食育を伝える資格
管理健康栄養インストラクターとは主婦などに人気
食育には「まごわやさしい」が欠かせない
食育を学べば食べることがなぜ大切かわかる
食育について行われる活動内容は
時代の変化に伴う食べ方と食育の見直しについて
食育のプロとして独立した時の具体的な仕事
食育のセミナーは気楽に参加できる