食育資格おすすめ情報比較サイト

食育資格をオススメしたい理由とは

食育についてしっかりと学びたい方

生きる基本となる食についての知識を身につけることが出来るので、自分自身にも、他の人の為にもなる知識を身につけられます。

 

食育資格を通じて健康管理を行いたい方

正しい食生活は健康な毎日を送るのに欠かせないもの。食育資格を取得することで、よりレベルの高い、一生涯を通じた知識を身に着けられる。

 

食育に関係する仕事を考えている方

インストラクターやアドバイザーなど、食に関係したプロフェッショナルを目指して、食育に関係した仕事に就くことも出来ます。

 

比較ページへのリンク画像!!

現代に生きる私達は時間も不規則で、正しい食生活を送っているという方も、一昔前に比べると少なくなってきているのかもしれません。そんな現代人だからこそ「食育」という考え方が大事になってきているのかもしれません。 食育とは、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得して、健全な食生活を実現することが出来るヒトを育てるという意味。食とは、ヒトが生きていく上で基本となるものですよね。その食を、正しく理解し、正しく摂取する事で、健康な体作りが行えるという事なのです。

 

2005年には法律として「食育基本法」というものが成立し、「子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも食が重要である。」と定義付けられました。こうした法律が作られるほど、現代における食文化や食生活は乱れてしまっているのかもしれません。 そのため、今一度、食生活の基本に立ち返り、自分の食事に関して見つめ直してみても良いのではないでしょうか。例えば、朝昼晩の1日3食を食べるという事はもちろん、食事は家族団らんで食べましょうと言った事も、食育の考え方です。

 

食育で得られるものは、身体の健康状態だけではなく、健康的な生活リズムを取り戻したり、適切な体重を維持するといったこと。ダイエットしたいからと言って、食事を抜いたりということは、身体の健康を維持することには繋がりませんよね。更には日本の食文化や、食料資源を無駄にしない食生活と言うことも、食育の考え方として大事な部分でもあります。 とはいえ、食育を学ぶという機会も、忙しい毎日の中、なかなか上手に学習することも難しいですよね。

 

そこで注目したいのが、食育資格や食育に関係する講座です。不規則な生活を送っている方や運動不足の方、飲酒する機会が多い方、ダイエットしている方、外食が多い方、高齢者の方などは、身体の健康維持のために食育資格の取得をオススメします。 日々の食生活を疎かにしていると、気がついた頃には病気を引き起こしている場合もあるのです。病気にならない健康な身体作りを行うために、すぐにでも実践できる食育について学んで、食育資格を取得してみるというのも良いかもしれません。

通信講座の食育講座はここが大きなポイント

自宅にいながらも、しっかりとした学習が出来る

大事になる基本の知識からプロレベルまでの応用知識も、自分のペースでしっかりと学習することが出来る。

 

忙しい方でも最短2ヶ月で資格取得を目指せる

やる気次第では最短2ヶ月の学習で、コースによっては100%資格取得が可能です。忙しい方や試験が苦手という方にも最適です。

 

取得も早いので、資格をすぐに活かすことが出来る

食育資格は一生涯に渡って活かせる知識を学ぶもの。できるだけ早く、すぐに知識を活かせることで、活躍の可能性も広がります。

 

食育のプロフェッショナルを目指すためには

食育資格おすすめ情報比較サイトのサムネ画像

油ものを大量に摂取するのは良くないと言った事や、偏った食生活は体に悪いという事、こういった情報は既に皆さんもご存知の事ですよね。また、主食・主菜・副菜のバランスが取れた食事や、穀物や魚、果実をしっかりと摂取すると言った、食に関する常識も、近年ではよく聞かれるものとなってきました。

一時期は健康食ブームというのもありましたが、こうしたブームも一過性のもので、数カ月も過ぎればまた元の食生活に戻っているという方も多いのではないでしょうか。体に良いという事は理解しているものの、こういった商品は意外とコストが高かったりで長続きしない事もありますよね。

 

食育の講座では、食に関する基本的な事はもちろん、なぜその食事や食生活が重要なのかという理由も学習することができるので、ただ「体に良いからこれを食べたほうが良い」と言ったものではなく、一つ一つの食材や食事の仕方について、詳しく学習することが出来ます。また、ワンランク上の知識を付けるのであれば、食育資格を取得する事をオススメします。 ひとつの食事に関しても、意味も理解しないまま食べているのと理解しているのとでは、自分自身のモチベーションだけでなく、意識して食べようという気持ちも大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

食育資格は、食育の基本となる食に関する知識、食文化に関わる事など、食に関する様々な知識を学ぶことで取得出来るものですが、こういった知識を得ることで自分自身はもちろん、大切な人の健康管理に役立てられるだけではなく、カルチャースクールの講師やインストラクターとして活躍できたりと、資格を活かして様々な可能性を広げられることも魅力の一つです。

食育という考え方は、近年ますます注目されているものになりますので、今後、こういったアドバイザーのような方達の活動の場も増えていくことでしょう。現に、芸能人の方が食育に関しての書籍を出していたり、スポーツ選手の奥様なども栄養管理について学ばれている事も多いですよね。

 

この食育資格の種類ですが、一つは「食育健康アドバイザー」と呼ばれる資格で、食育に関する基本的な事から、日本の事だけではなく海外での食育に関する知識、生活習慣病と食育に関係する知識など、あらゆる角度から食育を学ぶことができ、アドバイザーとして活動できるレベルの知識を有する事ができる資格です。 もう一つが「管理健康栄養インストラクター」と呼ばれる資格で、こちらではビタミンなどの栄養素や腸内細菌と身体の関係といった、食育と身体に関係する知識や、食材に含まれる栄養素に関する知識、食品表示の見方など、主に身体と食品に関してのエキスパートを目指すための資格になっています。

 

食に関することや、栄養に関しての知識を自力で学ぶのは非常に大変な事ですが、これらの食育資格取得を目指すのに最適なのが、「食育資格取得講座」です。この講座では、同時に2つの資格を取得することができ、やる気次第では最短で2ヶ月、最長でも6ヶ月間で食育資格取得が可能となっています。

また、通信講座はスクールなどに通う必要が無く、自宅に居ながらにして食育に関しての学習が行えるので、仕事で忙しい毎日を送っている方や、家事や育児で忙しいという方でも、自分のペースで資格取得の学習が行えるというのもポイントです。

 

この他、勉強や試験が苦手・・・という方でも確実に資格取得が出来るよう、スペシャル講座も用意されています。通常であれば自身で学習し、試験に関しては自分で受験、資格取得を行うという流れになりますが、スペシャル講座では受講を行ない、卒業試験を提出することで試験が免除、卒業と同時に資格取得が可能となっています。 食育の知識は勉強するだけでも活かすことが出来ますが、せっかく勉強するわけですから資格を取得しない手はありません。毎日忙しいという方や試験が苦手という方は、確実に資格取得が可能なスペシャル講座をオススメします。

 

 

食育資格取得後は家庭で活用できる以外にも、スクールや販売現場、飲食業界、医療や福祉の現場など、様々なシーンで活躍の場が拡がっている、注目の資格です。
要点を紹介するキャラクター

 

食育資格を取得するのにオススメな講座

食育資格講座

食育資格講座の特徴

基本となる食育についての知識から、インストラクターを目指せるレベルの知識を通信講座で取得することが可能。また、同時に2つの資格も取得でき、スペシャル講座では確実に資格取得もできるので、取得後はすぐに活躍の場を広げることも出来ます。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
食育資格講座の総評
  • 同時に2つの資格を取得することが可能
  • 初めての学習でもプロフェッショナルを目指せる
  • 確実に資格取得が可能なスペシャル講座
詳細レビューへ食育資格講座

食育資格取得講座

食育資格取得講座の特徴

30分の学習で、最長でも6ヶ月間で2種類の資格取得を目指すことが出来ます。また、通信講座でありながら、プロによる個別質問も出来るので、初めての食育の学習でも安心して受講・食育資格の取得を目指す事が出来ます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4
食育資格取得講座の総評
  • 1日30分の学習で、食育の資格取得を目指せる
  • プロの個別質問も出来るので、不安も解消される
  • 忙しい方でも、同時に2種の資格取得も可能
詳細レビューへ食育資格取得講座

食育資格を取得するのに通信講座がオススメな理由

最短2ヶ月で食のプロフェッショナルに
資格を活かして副収入を得る事もできる
食育資格は取得後の活動の幅も広い

食育資格はどのタイミングで取得しても無駄になることはありませんが、これからは更に食育に関しての注目度も高まっていくので、いち早く目を付けて資格取得を目指す事をオススメします。食育に関係する活躍の場は、今後より増えていくことが予想されます。始めはご自身のために学ぶのも良いですが、知識が増えていき、資格を取得する事で、食育についての知識を他の方にも教えてあげたいという気持ちも強くなる事でしょう。

 

また、近年では自宅でスクールを開いたり、インターネット上でカウンセリングを行ったりと、カルチャースクールの講師活動といった仕事以外にも、副収入を得られる方法が増えてきています。もちろん、仕事として活躍することも出来ますが、仕事とは別の副業として食育インストラクターを行ない、副収入を得るといった方法も可能なのです。自分のために学習したことが、今後は収入に繋がるというのも嬉しいポイントですね。

 

何よりも、食に関しての資格は腐らせることがありませんので、勉強してよかったと思えるような資格になることでしょう。食育に関係するアドバイザーやインストラクターといった仕事を行うには、しっかりとした資格が必要になってきますが、食育資格講座では短期間で確実にこれらの資格を、同時に取得することが出来るので、忙しい毎日を送っている方でも安心して取得を目指すことが出来るのでオススメです。

 

食育資格講座

 

クチコミ情報

食育資格講座を受講して食の理解を深めました

子供の食事に関係する仕事に昔から大変興味があり、資格を取得したいと考えていました。そんな時、食育資格講座に出会いました。食育の資格には食育アドバイザーやインストラクターなど色々あり、しっかり取得する事でその知識をより深める事が出来ます。そこで思い切って食育資格講座を受講する事にしました。食育資格講座を学ぶ事で食事による健康管理の方法であったり、素材別の栄養であったり、食育の基本となる様々な知識を身につける事が出来ました。また、テキストも大変わかりやすく理解を深める上でとても参考になりました。

 

食育資格講座を受講して資格を取得する事で、子育てにおける食生活の知識をしっかり得る事が出来、また仕事にも役立てる事が出来ます。特に食育に関係する仕事を現在していない人でも、これから仕事をする上で役立てる事が出来ますし、普段の生活の中にもその知識を役立てる事が出来ると思いました。食べ物はそれぞれ栄養が異なりますが、それをしっかりと学ぶ事で、子供達にとって今どんな栄養が必要なのかをしっかり判断し食事の中に上手に取り入れる事が出来ると思います。

 

添削課題の内容も充実しており、試験対策もばっちりになっているので、安心して受講する事が出来ました。受講後は仕事にこの資格をしっかり活かす事が出来、実践に役立てる事が出来る様になりました。また、食を通して様々な知識を身につける事が出来、アドバイザーとして多くの人にその知識を広めていきたいと思っています。おいしい食事の作り方や栄養を考えた材料の選び方など、役立つ情報が満載であり、今後に活かせる資格になっているので受講して本当に良かったです。良質な食事を摂る事は体の為にも大変有効な事ですが、良質な食事を摂る為の知識もしっかり身につける事が出来るので大変おススメです。

 

食育資格講座を受講して食事の質をアップ

子供が生まれ、離乳食など作る中で食育に大変興味を持つ様になり、食育資格講座を受講する事にしました。離乳食を毎日作ってはいますが、なかなかその月齢にあった栄養バランスなど知る事が出来ず、偏った食事になっていないか不安でした。しかし、食育資格講座を受講する様になり、その不安を一気に解消する事が出来ました。この食育資格講座では食育に関する基礎から、それを活かした食事の作り方など、食事をする上で大切な事をしっかりと学ぶ事が出来ました。

 

初心者の私でも、スムーズに受講する事が出来、カリキュラムを進める事が出来たのでとても良かったです。また、卒業をすれば食育に関する仕事をする上でも大変役立てる事が出来るので、これから食に関係する仕事を始めたいと言う人にも大変おススメです。この食育資格講座で取得する事が出来る資格は、国家資格ではありませんが、仕事をする上でも大変役立つ資格だと思います。また、小さな子供がいる家庭では、子供の成長を助ける食事をより良い物にする為にも大変役立つ資格です。

 

やはり食育について自分で勉強をしようとしても、どこから始めて良いのか、またどの部分が重要なのか簡単に知る事が出来ません。そんな時、食育資格講座を受講する事で、重要な部分を重点的にしっかり学ぶ事が出来るので、役立つ知識を身につける事が出来ます。食事は体を作る上でとても重要なものであり、食育資格講座を受講する事で、食事の質を上げる事が出来ると思います。食育資格講座を受講してからはより一層栄養バランスに気をつけて食事を作る様になりました。受講する事で、しっかり知識を深める事が出来子供達にもおいしい食事を作る事が出来る様になりとても良かったです。また、これまで気になっていた栄養バランスもこの食育資格講座で学んだ事を活かしてしっかり配慮する事が出来る様になりました。子供にとっても、家族にとっても学んだ事はプラスになったと思います。

 

比較ページへのリンク画像